スーツの女性

漁船バンクで船を販売する際に注意すること

船の売り方

船

趣味のフィッシングやダイビングなどを楽しむため、個人で船を購入される方も少なくありません。船の免許自体も取得までに日数が必要なく、水上バイクなどの小さな船であれば1日で取れる特殊小型免許、少し大きめの船になってくると、2級免許または1級免許が必要になってきます。しかし、せっかく購入した船でも必要なくなってそのままにしておくのは勿体無いです。そんな場合には船買取業者に売ってしまいましょう。船の買取は漁船バンクという委託販売を行なっているところもあります。船の売却価格は、船の型式やサイズ、エンジンのメーカーや船内・船外、船底に塗料が塗られているかどうかによっても変わってきます。また、その他オプションや艤装品がついてるかどうかでも違います。

漁船バンクで船を売る際は、船の管理にも気をつけましょう。海上係留をして保管するのと船台に乗せて陸上保管するのとでは、船体の状態が大きく異なります。陸上保管であれば、天候の変化による事故がありません。それに対し、海上係留の場合は天候が荒れると場合によっては転覆してしまうこともあります。他にも海上に常時浮かばせているだけでも船底に藻やフジツボがつきます。そうすると、見た目が悪くなるばかりか、船を進めた際に藻やフジツボが抵抗となってスピードが落ちることも考えられます。それでも、エンジン出力を上げていつも通りのスピードを出そうとすると燃費も悪くなります。見た目が悪いと漁船バンクで販売する際にも価値が下がってしまいます。使わなくなった船を漁船バンクで販売する予定があるなら、船の保管方法に気をつけておく必要があります。

商用車は売りにくい

乗り物

トラックの買取は、業者によって査定価格が異ってきます。商用車に分類されるトラックは一般車を販売しているところでは買い取ってくれず、専門のトラック販売店に売る必要があります。

More Detail

一時抹消と永久抹消

車内

事故車を廃車にするのであれば、買取業者に依頼しましょう。買取業者に廃車の依頼をすると、本来であれば廃車の手続きに必要となる様々な費用が、節約できる場合があります。

More Detail

リサイクル料金の役目

車

廃車の手続きをするためには、リサイクル料の支払いを済ませている必要があります。この支払いを行なっていないと、廃車にするときに必要な永久抹消手続や車検を通すことができません。

More Detail